鈴鹿サーキットでドライビングレッスン│CGクリエイター宮井がリアルを知る - 株式会社 シネマレイ|CinemaRay
  • 名古屋市中区栄1-9-16 NFビル 2F
  • 0522537447

鈴鹿サーキットでドライビングレッスン│CGクリエイター宮井がリアルを知る

  • Home
  • ブログ
  • blog
  • 鈴鹿サーキットでドライビングレッスン│CGクリエイター宮井がリアルを知る

鈴鹿サーキットのパノラマ写真

こんにちは。3DCGクリエイターの宮井です。


リアルを知る。

さて、今回は鈴鹿サーキットへ行って参りました。
HONDA技研主催の、「中級ドライビングチェック ベーシック」を受講しました。

車のお仕事を頂く上で、実車を知らずしてリアルなCGができたもんか。

今回受講して思ったことを書いていきます。

--------------

講習内容は基本的なことです。

当日のタイムスケジュールは、



10:00〜 オリエンテーション  自己紹介

11:00〜 ブレーキ   濡れた路面、滑りやすい路面
12:00〜 昼食
13:00〜 スラローム  パイロンのコースを指定速度で走行
14:30〜 反応     指示された方向へ回避反応
16:30  終了

でした。

車はHONDAのシビックMT車です。
1日中運転することさえあまり経験がないのに、実に8年ぶりぐらいとなるMT車でした。。が、何とか乗ることができました。

鈴鹿サーキットの練習コース

奥が練習コース。乗っていた車が並んでいます。


陽気な教官の方のお話があり、自己紹介一発目、僕。から始まり、しっかりと「マニュアルの運転は久々です。」と、アピール(保険)しておきました。

しかし受講者の中にはレースをやるようなレーサー達がおり、まさかのチャンピオンまでもが参加していました。

はぁ。プレッシャーが募る。。
久々のMTですと言い放った自分が早速恥ずかしくなってきました。

トランシーバーを渡され、いざ乗り込み運転ですが久々すぎて焦り、一人で運転なので、今さら聞けないことに戸惑いながら、何とかエンジンをかけ、ブレーキの講習です。

濡れた路面でのブレーキでしたが、意識的に強く踏もうともなかなか踏めず、教官に「もっと踏めるな~」と言われながら、案外踏めないもんなんだなと思いました。

次は、今では当たり前に搭載されているABS機能を切り、あえてタイヤをロックさせるのですが、強く踏んでいくと勝手に車が曲がっていきます。

ハンドル操作が利きません。

ABSではハンドル操作ができるということで最後の手段としてハンドルを切ることができます。
そこで教官の方が言っていた言葉が強く印象に残っています。

「ハンドルがきれてしまうがために起きてしまう事故もあります。」

歩行者の列に突っ込むという事故をニュースで多く見ますが、安全のための機能でも、二次災害ということも起こりうるのかと思い知らされました。

用意されていたお弁当を食し、鈴鹿サーキットをチラ見し、午後からはスラロームです。

鈴鹿サーキットの練習コース

--------------

教習所ではS字カーブぐらいしかやりませんが、パイロンの間を抜けていくコースをやり、指示された速度を保ちながらハンドル操作だけでコースを走ります。
難しいですが、これがまた楽しい。

右に左に爆発が起きてそれを避けて進む。
ハリウッドさながらのカーアクション


・・・妄想をしてみました。



何周もしていき徐々にスピードをあげていくのですが、次第にハンドル操作がきつく曲がりにくくなってきます。
ハンドルを思いっきり回していかないと間に合いません。

ですがレーサーの方々はするすると駆け抜けていくので、ハンドルの扱いが違いすぎるのは明白でした。

と同時に自分が思っているより右寄りにいってしまう癖があることに気づき、どれだけ回せばどれだけ曲がるかということを身に付けました。

最後には反応と言って、信号の合図によって左右にハンドルを切り回避するか、その場でブレーキかを反射的に判断しなければなりません。

40キロで7mほどの制動距離があることを理解した上で更に、ハッとしてからブレーキを踏むまでの時間に個人差があることで、合図がでてから2~3秒ほども差がでました。

受講者最速「2.1秒」をたたき出して誇らしげにしてましたが、過去最高1.9秒の19歳には勝てませんでした。。

2秒の向こう側は過去の栄光

自分がどのように止まれるか意識しスピードを出し、ブレーキをしていかねばならないことを教わりました。

教習所を出てしまうとこういった機会というのはほぼなく、日々慣れていく運転の中で自分の癖というものを随所で認識できる貴重な時間となりました。

MTはやっぱり運転してる感が出て楽しいです。



車も進化し続け自動運転の話題が次々と出ていますが、バス事故や高齢者による事故も何かと話題にあがってきており、軽率な行動、過度な運転などでの疲労や居眠りがどれだけ危険な行為なのか、考えさせられました。

今回はブレーキ、ハンドル、反応という内容でしたが、次回機会がありましたら、もっと踏み込んだ講習をやってみたいと胸の内に込めました。


今後のお仕事、シネマレイのドライブシミュレーター制作でも十二分に活かせる有意義な講習であったと感じております。

リアルなCG、かっこいいCGを生産し、ハリウッドデビューできるように精進していきます。

>CGデザイン

//////////////////
この記事の筆者
//////////////////
3DCG Creator
宮井