絵を描くように3DCGが作れるZbrush|新入社員で新人デザイナーの制作閑話 - 株式会社 シネマレイ|CinemaRay
  • 名古屋市中区栄1-9-16 NFビル 2F
  • 0522537447

絵を描くように3DCGが作れるZbrush|新入社員で新人デザイナーの制作閑話

  • Home
  • ブログ
  • blog
  • 絵を描くように3DCGが作れるZbrush|新入社員で新人デザイナーの制作閑話

こんにちは。新入社員の丹羽です。

前回、絵コンテがどういうものだったかのお話をした者です。

が、今回はCG に触れていこうかなと思います。

何故急にCG に行ったのか…。その発端は社内会話での出来事。

CGの人「絵描く人って、CG 嫌いですよね」

「いや、そんな事はないです」


へ、偏見だ…。CG クリエイターの闇を垣間見た。

一体彼に何があったのか…。

そんなやりとりの中、

CGの人「絵を描く要領で3DCG 作れるソフトがあるんですよ。どうです?」

誘われている、CGの領域へ。



Zbrush。

粘土をこねるように描画する事でモデルが出来上がっていきます。
(動画内モデルは「スパイダーマン」のヴェノム)

3DCGモデル制作と聞くと、どうしても複雑なプログラムを作成するイメージがあるため、取っ付き難い印象でしたが、現状の技術要領を持ち越せるだけでも、大分入り易い気がします。

どうやら多くのフィギュア制作、CG モデル制作会社さんはこのZbrush を使用しているとの事。

そして今日では3D プリンターの進歩もめざましく、Zbrush で組んだデータを3D プリンタで高品質出力できるようですね。
弊社にも3D プリンタがあり、それを用いた表現を日々模索しておりますが、これは使えるかもしれません。

探してみると、様々な場面で使われている事がわかります。



映画でのリアルCG として使用されており、あのキャラクターも、そのキャラクターも、このキャラクターもZbrush です。現代において「高品質リアルCG」を見かける場面というのはかなり増えてきました。

映画のCG 技術進歩は1990 年以降からめざましく、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「Lord of the Ring」、「AVATAR」などは多くの人に馴染みある作品ではないでしょうか。

Zbrushを使用した映画一覧

…と、色々言いましたが、

Zbrush公式サイト画面

実際に触ってみた方が早いでしょう。

海外ソフトなので、当然のごとく日本語標記ではありません。
もう、ボタンの一つもわかったものではありませんね。ただ、検索をかけると結構な数の解説動画が投稿されているので、初心者向けのチュートリアルを見ながら少しずつ慣れていきましょう。

チュートリアル「ドラゴンの頭を作る」を参考に…

制作過程1

基本球体を、

制作過程2

伸ばして、凹ませて、

制作過程3

掘って、

制作過程4

整える。

おぉっ、楽しい。

まだ触りかけではありますが、本当に絵を描くようにモデルを掘る事ができます。
筆の強さや大きさを細かく調整しながら、描き込んでいく事ができます。

制作過程5

調子に乗ったら、お爺ちゃんになってしまいましたけど。


今まで触れてこなかった分野を学ぶのはとても楽しいですね。

以上、アナログ民が3DCG の世界に踏み込むお話でした。


//////////////////
この記事の筆者
//////////////////
Designer
丹羽