イラストレーターが本気出してみた。写真と勝負!写真とイラストの合成<野菜篇> - 株式会社 シネマレイ|CinemaRay
  • 名古屋市中区栄1-9-16 NFビル 2F
  • 0522537447

イラストレーターが本気出してみた。写真と勝負!写真とイラストの合成<野菜篇>

  • Home
  • ブログ
  • blog
  • イラストレーターが本気出してみた。写真と勝負!写真とイラストの合成<野菜篇>

こんにちは。デザイナーの増田です。

“デジタル”フォトの魅力は、何と言ってもレタッチ(後処理による画像補正)にあります。
デジタルならではの合成処理を施すことで、撮影だけでは実現できない写真を作り上げることができます。

画像イメージを製作する際、撮影した素材に物足りなさを感じる、良い素材がない、素材はあるが撮影済みの素材と角度や質感が合わないなど様々な困難に直面することがあります。

そんな時に写真そっくりの「イラスト」を使用するのも一つの選択肢です。
目指すイメージに限りなく近づけることが出来るだけでなく全体のトーンも手業ならではの温かみのある作品に仕上げることが可能です。

イラストを使用するメリットは4つ

=============
・足らない部分を「絵」で補うので素材に縛られずイメージに限りなく近い仕上がりを期待できる
・イメージ全体のバランスを考慮できる
・自然で違和感のない仕上りが期待できる
・オブジェクトの切り取り精度も高く合成にも違和感を感じさせない
=============

これらは、イラストによるレタッチテクニックのメリットの一部ですが、無いものをリアルに表現出来るというところに最大の魅力があります。

下の画像はイラストによるレタッチテクニックを使い加工した写真です。
どの野菜がイラストか?
当ててみてください。

野菜


答え合わせ


//////////////////
この記事の筆者
//////////////////
Designer
増田